生協の宅配でリピ買いしているもの5つを紹介します!

生協の食材宅配おうちコープ お取り寄せ

毎日仕事して育児して家事もしていると、食材の買い出しってすごく面倒ですよね。とくに子どもが小さいと、ちょっとの買い物も大変。

我が家は、長男が生まれたときから生協の宅配「おうちコープ」を利用しています。途中で休止したこともありますが、食材宅配の利用歴はもう14年!

そんな私が、生協の宅配でリピートしている商品を紹介します。どれも普段使いに欠かせないもので、自信をもっておすすめできます。

 

 

「おうちコープ」のおすすめ5つ

 

カット済みバラ凍結豚肉

カタログより引用

「バラ凍結豚肉」は、必ずストックしている一品。お肉が一枚一枚バラバラになって冷凍してあるから、使いたい分だけ出せるのが特長。

お弁当で少しだけお肉を使いたいとか、晩ごはんのおかずがちょっと足りなくなってしまった、というときに重宝しています。豚肉でもロースやバラ、ひき肉などの種類があるし、牛肉や鶏肉もあります。価格はスーパーとあまり変わらず、産地指定のお肉なので味もおいしいです。

 

便利とうふ

カタログより引用

こちらの「便利とうふ」も常に冷凍庫に入っています。あらかじめさいの目に切ってある絹豆腐なので、お味噌汁なら凍ったまま入れるだけ!かなり時短できます。

だし汁でやわらかく煮込めば離乳食にもなるので、子どもが小さい時はお世話になりました。

 

骨抜き魚

カタログより引用

お魚ってどうしても骨があるから、子どもに食べさせるのってちょっと大変じゃないですか?恥ずかしながら私自身もお魚の骨を取るのが苦手なので、なんとなく食卓からお魚が遠のいてしまう…。

でも、骨がしっかり除いてある「骨取り魚」なら安心して食べられます。この写真はカレイのムニエルですが、週によって違うお魚の骨取り魚もあります。おかげで子どもたちもお魚好きになりました。

 

まんまるネギトロ丼

カタログより引用

「まんまるねぎとろ丼」は一人分サイズのまぐろたたきが丸い形にパックしてあって、丼にぴったり。海鮮丼のタレも付属していて、平日に一人でササッとお昼ごはんを済ませたいときによく使っています。

 

おやつ肉まん

カタログより引用

中学生の長男が、おやつや夜食にお気に入りなのがこの「おやつにくまん」。小さめなので小腹がすいたときに便利です。用意しておけば勝手にレンジで温めて食べていて、よくリクエストされます。寒い時期の朝ごはんにもおすすめ。

 

生協のデメリット

おうちコープは、スーパーにないような食材もあってすごく便利なのですが、個人的にちょっとうーん…な点もあります。

 

お菓子などをつい買ってしまう

地方の特産物や名物お菓子、便利グッズなどもカタログに載っていて、衝動買いしてしまうことが多いです。特に数量限定のお菓子に弱い…!

お取り寄せ感覚で楽しいといえばそうですが、きびしく節約したい、という方は向かないかもしれません。

 

宅配曜日と時間が選べない

宅配は毎週決まった曜日と時間に来るのですが、エリアによってあらかじめ割り振られています。そのため、こちらで希望の曜日と時間にしてもらうことはできません。

ただし、留守にしていても指定の場所にカバーをかけてシールで封印して置いててくれるので、不在時でも大丈夫なようにはなっています。(利用者の約1/3は不在だそうです)

 

写真だと大きさがわかりにくい

魚の切り身など、写真だけ見てイメージしていると「思ってたより小さい…」ということが時々あります。ちゃんとグラム数が書いてあるので、よく見ればいいだけなんですけどね。

 

離乳食やお弁当に便利な食材もいっぱい!

我が家はもう離乳食を卒業してしまいましたが、ペーストしてあるかぼちゃとか、白身魚のほぐし身とか、離乳食作りに便利な食材もたくさんあるんです。生協のオリジナル品で、スーパーでは見かけない商品も多いです。

お弁当に便利な冷凍食品もバリエーションが豊富で、忙しいママやパパにはぜひ生協の宅配を使って欲しい!と思います。

 

コメント