【熱中症対策】ハチミツが熱中症対策で注目!おすすめの食べ方も

美容・ダイエット
スポンサーリンク

記録的な暑さが続く中、ハチミツの消費量が急増しているそうです。

その理由は、ハチミツが熱中症の予防に期待されているから。

2018年8月6日の「スーパーJチャンネル」で解説していたのでご紹介します。

 

なぜハチミツがいいの?

 

ハチミツの糖分はブドウ糖と果糖なので消化がよく、胃腸への負担が軽いのが特徴。

また、汗と一緒に失われがちなミネラルのほか、ビタミン、アミノ酸などの栄養も180種類以上含まれています

だから、夏バテで食欲がないときでも効率的に栄養補給ができます。

 

「はちみつ味噌」で生野菜もおいしく食べられる!

 

番組ではおすすめの食べ方として「はちみつ味噌」が紹介されていました。

作り方は、ハチミツとみそを混ぜるだけ

分量は、ハチミツ:味噌=1:3になるようにします。

 

発酵食品の味噌と一緒に食べることで、ハチミツの効果もアップするそうです。

 

 

ハチミツ味噌は、生野菜につけてそのまま食べてもおいしいし、肉につけて味噌焼きにしたり、焼いたネギにつけて食べたりなど、いろいろな料理に活用できます。

 

 

コメント