ベネッセの調査で、小6の7割が「コロナ禍での中学入学に不安」

ベネッセは、全国の小学6年生と中学1年生を対象に「コロナ禍での中学入学に関する意識調査」を実施しました。

その結果、来春に入学を控える小学6年生、この春に入学した中学1年生ともに、中学入学後の生活・学習面での変化にうまく適応できない、いわゆる「中1ギャップ」に関して、コロナ禍ならではの不安を感じていることがわかったのだそうです。

「コロナ禍での中学入学に関する意識調査」

※「不安」は「とても不安」、「まあ不安」の合計

中学入学への不安意識は全国の小学6年生の親子の間で広がっています。

中学入学後の生活・学習面の変化に戸惑い、うまく適応できないことを表す「中1ギャップ」は例年起こりますが、今年は特にコロナ禍による小学校での学習不足により中学の授業やテストについていけるかの不安や、マスク生活の中で友だち作りができるか心配する声が特徴としてあがりました。

小学6年生 親子の声

●また休校になってしまったら勉強についていけるのか。高校受験に影響が出るのではないか(小6・親)
●新型コロナウイルスが終息するかしないか不明な中で、中学という短い3年間があっというに終わってしまうのがとても心配(小6・親)
●中学校との交流も無くなってしまった。様子を知るチャンスがなくなったから不安(小6・子)
●新型コロナウイルスに感染したら2週間位休まないといけないから、中学の授業についていけるのか不安(小6・子)
●マスクをつけているので、友だちの顔をなかなか覚えられなさそう(小6・子)

中学1年生が感じた「中1ギャップ」は「テスト勉強」が最多

コロナ禍の中、この春に入学した中学1年生が実際に感じた「中1ギャップ」は、「テスト」や「授業」など学習面に関する課題が最も多くあがりました。

小学校時代に「もっと学んでおけばよかった」と感じる項目は「英単語を覚えておくこと」「算数で計算をミスなくできるようにしておくこと」「小学校範囲の漢字を覚えておくこと」となっており、基礎・基本に関する項目が上位に。

小学校時代から続くコロナ禍での学習遅れや基礎・基本の習得不足が定期テスト勉強への困りにつながっていることがうかがえます。

中学1年生 親子の声

●授業時間が短縮されたり、進むスピードが速いので追いつくのに大変だった(中1・子)
●放課後、友だちと一緒に勉強できないので、わからないところを聞けない(中1・子)
●いつ緊急事態宣言で休校になるかわからず授業ペースが速く、予復習、宿題をこなすのが精一杯(中1・親)
●コロナ禍で中間テストが中止となり、はじめての定期テストが期末テストで、いきなり9教科の勉強に悩んだ(中1・親)

調査期間: 21年8月13日~8月17日
対象:小学6年生・中学1年生のお子さまがいる全国47都道府県在住の約400世帯/方法:インターネットアンケート

「中1ギャップ」でつまずかない「絶対基礎力」をつける

「中1ギャップ」でつまづかないためには、学習面では基礎力をしっかりつけること。そして生活面では、新しい中学生活への心の準備が必要です。

今年度の進研ゼミ中学講座では、コロナ禍の中での「中1ギャップ」による生活・学習面でのつまずきを予防し、中学の授業・定期テストで好スタートをきるための「絶対基礎力」をつける内容の『中学準備講座』を1月号(12月25日教材配信)より開講するとのこと。

コロナ禍で不安が高まる「友だち作り」「部活」などの中学生活面についても、先輩中学生との情報交換などで心の準備からサポートします。

特典内容や早期受付の期間について詳しくはこちら▶︎進研ゼミ、小6向けに中学準備講座の早期特典を発表!