【工場見学】子供も楽しめて試飲もできる!アサヒビールの工場見学は小学生におすすめ

アサヒビール神奈川工場見学 子連れ旅行

中学生と小学生の子どもを連れて、神奈川県南足柄市にあるアサヒビール神奈川工場の工場見学に行ってきました。

大規模な製造機械は迫力たっぷり!子どもにも分かりやすい説明で、ビール製造だけでなく環境問題も勉強できます。

工場見学は無料で、見学後はビールの試飲も用意されています。もちろんソフトドリンクもあるので、運転する人や子どもも安心です。

アサヒビール神奈川工場へのアクセス

電車で行く場合

  • 小田急線「新松田駅」下車 路線バスで約20分 タクシーで約15分
  • 大雄山線「大雄山駅」下車 路線バスで約10分(通常時は土・日・祝日のみ運行)タクシーで約10分
  • 小田急線「開成駅」下車 タクシーで約15分
  • JR御殿場線「松田駅」もしくは「山北駅」下車 タクシーで約15分

車で行く場合

  • 東名高速「大井松田I.C.」より約7km(約15分)
  • 小田原厚木道路「小田原東I.C.」より約13km(約35分)

我が家は車で行きましたが、カーナビに入力して迷わず到着できました。広い駐車場も用意されています。

広くてきれいな敷地内は環境にも配慮

驚いたのはとにかく広い敷地。工場というと排気や排水などのダーティなイメージがありますが、そんなことはまったくなく、よく手入れされた豊かな自然が印象的でした。

それもそのはずで、アサヒビールでは環境保全に積極的に取り組んでいるそうです。

敷地内のビオトープでは珍しい虫や鳥が見られることもあり、蛍の放虫イベントなども行っています。

見てさわって楽しめる工場見学

3〜4家族でひとつのグループになり、最初にアサヒビールについての映像を鑑賞します。

ゆったり広々として明るいロビー。ホップなのか?独特の香りが充満しています。

その後はグループごとに、工場内の見学ルートを歩いてまわります。

本物のホップや麦など、ビールの原材料をさわったり匂いを嗅いだりできます。

実際に動いている機械を上から見学できます。スケールが大きい!

環境について考えるコーナーも。遊びながら学べます。

箱詰めのラインはすごいスピードです。工場内は自動化されていて、全体的にほとんど人はいません。

見学ルートを歩くときはガイドのお姉さんがクイズや冗談を交えながら、とっても分かりやすく説明してくれました。

見学終盤にはCMでおなじみのあのセリフも…!すごく上手で拍手が起きました(笑)

アサヒビール神奈川工場見学

見学のあとはできたてのビールを試飲!

できたての生ビールと、おかきをいただきました。もちろん無料です。これとは別に、ビールのミニ缶も大人の人数分お土産にもらいました。

黒ビールも選べました。こちらもおいしい!試飲は時間制限があり、一人3杯までとなっています。

未成年者や運転者にはソフトドリンクがもらえます。

ギフトショップがあり、ビールや食品はもちろんオリジナルのお土産なども売っていました。

無料なのに試飲やお土産でお得感もあるし、勉強にもなるので自由研究にもよさそうです。屋内だから暑い季節のお出かけ先におすすめ。

ビールが飲めたら楽しいけど、飲めなくても充分楽しめると思います♪

アサヒビール神奈川工場
電話:0465-72-6270 受付時間:9:00〜17:00(休業日を除く)
住所:神奈川県南足柄市怒田1223
参加費:無料(予約制)
見学スタート時間:9:30~15:00(最終)
公式サイト:https://www.asahibeer.co.jp/brewery/kanagawa/
※見学コースや試飲できるビールの種類は記事執筆時点のものです。

コメント